消費税を回避しよう

消費税の税率が10%に上がります。

でも、食料品の税率は8%のまま。

外食は10%という理不尽さもあります。

居酒屋で騒ぐと値上がりになるのです。

何とかならないでしょうか。

究極の租税回避

消費税の税率は2段階です。

安い方で買い物したいです。

実は、うまくやれば8%の買い物を増やせます。

ちょっとした工夫で2%安いならやるべきです。

自炊のススメ

外食は10%。

食料品は8%。

それなら食料品を買いましょう。

外食が多いなら自炊がお勧め。

これから自炊派が増えるでしょう。

外食より自炊の方が節約できます。

その差が今後は更に2%開きます。

食料品は同じスーパーで

では、食料品をどこで買うのでしょうか。

新聞広告のチラシを見て選ぶかもしれません。

でも、同じスーパーで買ったほうが賢明です。

大手スーパーは、カードを発行しています。

お得意様はポイント還元率が高いのです。

また、同じスーパーを使えば安売りもわかります。

結局、同じスーパーを使ったほうがお得なのです。

フードコートではテイクアウトと言おう

大きなスーパーにはフードコートがあります。

たまには外食もしたいのは人間の性でしょう。

でも、外食は10%なので無駄遣いになります。

そこでひとついいアイデアがあります。

「テイクアウト」と言えばいいのです。

フードコートで食べると外食になります。

でも、テイクアウトなら8%でいいのです。

テイクアウトと言ってフードコートで食べるのです。

それでも、お店の人は文句を絶対言ってきません。

8%か10%かはお金を払う時に確定するからです。

こっそり食べてても文句は言われない

つまり、コッソリとフードコートで食べていいのです。

フードコートで誰が8%で買ったかはわかりません。

確かに国の政策には反するでしょう。

でも、お店から文句は言われません。

それならテイクアウトでいいのです。

うまくやれば消費税を回避できます。

ただ、居酒屋の10%は仕方ないです。

ちなみにお酒の消費税は10%です。

家飲みも居酒屋も変わりません

飲むだけなら居酒屋でいいでしょう。

最後に当ブログはフィクションです。

実践は自己責任でお願いします。

合わせて読みたいのはコチラ
これからはご飯も「定額制」の時代

関連記事はコチラ



シェアする

フォローする

関連記事