こんな時こそ現金化

先日大きな台風で多大な被害がありました。

被害を受けた方々にお見舞い申し上げます。

このような時には何かとお金が必要です。

でも、貯金などがない人も多いでしょう。

こんな時こそ現金化を決断すべきです。

非常事態に現金化でしのごう

クレジットカードの現金化を警戒する人も多いでしょう。

ちょっとした資金不足であれば手を出す必要はないです。

しかし、本当にお金が必要な時は別です。

そんな時は躊躇している余裕はありません。

災害復旧

台風のような災害はいつ起こるかわかりません。

しかし、その被害は非常に大きくて深刻です。

自宅や車の修理は早くしないと生活に支障があります。

保険をかけていても保険会社はすぐ振り込まれません。

クレジットカード支払ができればいいでしょう。

しかし、家の修理は街の大工さんに頼みます。

現金支払しか受け付けないことが多いでしょう。

早めに現金化をしないと家の修理ができません。

避難所もいつまででも住んでいられないでしょう。

収入がなくなる

災害直後は仕事ができなくなる事も少なくありません。

日払いの仕事や自営業の方は収入が途切れます。

お金がなければ生活ができません。

自宅の修理より緊急性があります。

下手をしたら生死に関わりかねません

早めに現金化をしないと大変でしょう。

冠婚葬祭

災害ではありませんが、冠婚葬祭も緊急の支出でしょう。

葬儀の香典は別ですが、家族の葬儀は大きな支出です。

また、結婚式の祝儀も1万円単位なので負担があります。

いずれもクレジットカード支払はできません。

現金化をしないとやりくりができないでしょう。

スピードなら現金化業者

現金化が必要な時は時間に余裕がありません。

現金化の方法はいくつかあります。

お勧めは現金化業者の利用でしょう。

なぜなら振込がとても早いからです。

amazonギフト券などの買取は遅くなりがちです。

オークションサイトに出品する必要があるからです。

運が悪いと依頼した翌日以降になってしまいます。

緊急事態に優先すべきことは時間でしょう。

確かにi現金化業者は、換金率が若干低いです。

しかし、換金率の差は「特急料金」でしょう。

結局は早めの決断が自分を救います。

緊急事態には現金化が欠かせません。

最後に当ブログはフィクションです。

実践は自己責任でお願いします。

合わせて読みたいのはコチラ

はじめに説明するとこの生活福祉礼金貸付制度の審査は厳しいです。 まず、低所得世帯や高齢者世帯、それから障害者世帯、失業者世帯 ...
関連記事はコチラ



シェアする

フォローする

関連記事