忍び寄る危機

アベノミクスの化けの皮が剥げかかっています。

景気減速による不景気の予感はしませんか。

不景気になると派遣の人は真っ先に切られます。

雇い止めという名の下、収入がなくなるのです。

次の仕事までどうやって暮らせばいいでしょうか。

とりあえず、仕事がある時からの準備が必要です。

これも一種の災害であることは間違いありません。

雇い止めの可能性

派遣の仕事は、正社員より時給が高い時があります。

その代わり「安定」というものは一切期待できません。

アルバイトより派遣の方が早く切られてしまうのです。

派遣会社もすぐに次の仕事を探してくれるでしょう。

でも、最低1か月程度は無収入の時期が続くはずです。

貯金があって旅行に行こうと思う人はいないでしょう。

次の仕事が決まるまで、生活をどう維持しましょうか。

準備をしておこう

こんな時のために準備が必要です。

貯金ができれば一番いいのでしょう。

貯金があれば雇い止めも耐えられます。

でも、そんな余裕がある人はいません。

では他にいい方法はないでしょうか。

現金化業者のピックアップ

最初にすべきことは現金化業者のピックアップです。

クレジットカード現金化業者だけではありません。

Amazonギフト券買取店も探しておくといいです。

優良店と言われる業者は思ったより少ないでしょう。

でも、人気が集中しており検索すればすぐわかります。

カードは締め日を変えて複数枚

現金化をするにはクレジットカードが必要です。

カードは締日を変えて複数持つことを勧めます。

カードには締日があり、締日翌日の利用が一番お勧めです。

締日を分散すると、カードを選ぶことで支払日を伸ばせます。

締日はネットでわかるので、締日を変えて作るといいのです。

後払いアプリも準備しておこう

後払いアプリも準備しておくといいでしょう。

カードの利用限度オーバーになっても使えます。

現金化を考えるならバンドルカードがお勧めです。

VISAのプリペイドカードですが後払いもできます。

後払いでチャージできるスグレモノカードなのです。

ただ、申込と審査が必要なので準備が必要です。

何度か普通にチャージして利用するといいでしょう。

限度額が上がるので、いざという時に心強いです。

他にも後払いアプリはあります。

でも、使い道が限られています。

たぶん使い物にならないでしょう。

最後に当ブログはフィクションです。

実践は自己責任でお願いします。

合わせて読みたいのはコチラ

バンドルカードはVisaプリペイドカードのことで、日本国内での利用であれば審査不要・本人確認不要で発行することができます。 ...
関連記事はコチラ



シェアする

フォローする

関連記事