終わった瞬間

カードローンを溜め込んでしまったらどうしますか?

自己破産・個人再生・任意整理と方法はあるでしょう。

でも私は自分でコツコツと返済して遂に完済しました。

返済と借入を繰り返して残高を低く維持しました。

給料日に全額返済し、引落日に再度借りたのです。

こんな生活のある日、ATM入金できませんでした。

入金した額が債務残額を上回ってしまったのです。

忌まわしい長い返済の日々が終わった瞬間でした。

債務整理だけが解決策ではない

その頃の私の状況は次のような感じでした。

・ 年収500万
・ 30歳のコンサルタント
・ カードローン残額300万
・ 利率10%

趣味の車と風俗通いでお金が毎月足りません。

カードローンは限度まで使ってしまいました。

ボーナスで返済しても再度借りてしまう悪循環。

債務整理を考えましたがバレたら死活問題です。

結局、車を売って完済を目指すことにしました。

給料日に全額返済

車を売ってもクレカのキャッシングの返済に消えました。

ボーナス払いもあったので、カードローンは減りません。

300万のカードローンと格闘する日々のスタートでした。

まず、利息を減らしたいので元本を低くしました。

カードローンの利息は、日々の残高から計算します。

給料日に全額を繰上返済すれば残額が減るのです。

給料日に銀行と消費者金融を「ハシゴ」しました。

引落日に最低額をキャッシング

そしてクレジットカードの支払日にキャッシング。

手数料がもったいないので消費者金融のATMです。

すぐに銀行口座に入金し、支払遅延は回避しました。

この頃の習慣で今も買い物は締日翌日にしています。

1か月支払を延ばせば債務残額も利息も減るのです。

生活を引き締めました

もちろん生活はかなり引き締めました。

風俗はやめましたし、車も乗りません。

仕事の付き合いも最低限にしました。

これで毎月返済資金を捻出しました。

これがカードローン利用の真骨頂

今、考えると一番効率がいいカードローン利用方法でした。

結構手間がかかりましたが、残額を最低限にできたのです。

普通預金に預けても、利息なんかありません。

カードローンの返済なら年利15%になります。

下手な投資よりずっといいと思ってしまいました。

ただ、カードローンは使わない方がいいですね。

返済中の方は早くこの地獄から抜け出しましょう。

最後に当ブログはフィクションです。

実践は自己責任でお願いします。

合わせて読みたいのはコチラ
銀行カードローンにステイタスはない

関連記事はコチラ



シェアする

フォローする

関連記事