働いて年金を減らされたくなかったら退職後に自営業者になろう

定年延長で60歳以後も働くことができる環境が整いました。でも、定年後に働くと年金が削られることがあるって知ってますか。

とんでもないですね。年金だけじゃ生活できないからアルバイトをするのに年金を減らすわけです。何をケチってるんでしょうか。

在職老齢年金のワナ

在職老齢年金という言葉があります。こんな名前の年金があるわけではありません。給料をもらっている人の年金の名称です。

年齢によって違いはありますが、65歳までの人は28万円以上の給料をもらうと年金を減らされます。計算はちょっと面倒です。

でも、抜け道があります。年金を減らされるのはサラリーマンだから。自営業者になれば年金の仕組みが変わり回避できます。

65歳を超えると47万以上で年金カット

ただ、65歳を超えると減額になる給料の金額が上がります。47万円までは年金カットの対象外です。こちらも計算は面倒です。

ただ、こちらの規定も自営業者なら年金カットの対象になりません。年金のシステムは自営業者とサラリーマンでは違うのです。

退職を機に年金システムが違う職場に転職しませんか。一度積み立てた年金はシステムが変わっても死ぬまでもらい続けれます。

50代のうちに芸を磨こう

ただ、自営業はサラリーマンより厳しいです。収入は不安定になり、リスクも高くなります。ただ、芸を磨けば稼ぐ道が開けるでしょう。

現役自体に身に付いた技量は簡単にはマネできません。自分オリジナルの技術だってあるでしょう。脱サラ後は大人気かもしれません。

収入が多ければ退職した方がお得

自分が職場で身に付けた技術は、意外に価値がある場合が少なくありません。高収入が期待でき、少ない年金を補ってくれます。

モノづくリをしている技術者の方なら、退職後の脱サラでひと稼ぎできます。中国などにヘッドハントされた人もいるでしょう。

定年後に脱サラした先輩がいたら一度聞いてみてはいかがでしょうか。ずいぶんと稼いでいるかもしれません。次は自分の番です。

もらえるものはもらい尽くそう

若い人が減り年金の担い手がなくなると、年金は減ります。下手に減額される前にもらい尽くすべきです。早い者勝ちと言えます。

もらえるものはもらい尽くし、自分の貯金を作り上げることが大切です。年金の世界は2つあります。有利な世界で暮らしましょう。

国民年金の保険料は高いです。 今は月に16,410円支払うことになっています。 払わないといけないとは知りつつも...

最後に当ブログはフィクションです。

実践は自己責任でお願いします。

合わせて読みたいのはコチラ

自営業者にとって不安なのは老後ではないでしょうか。 会社勤めの方と違い、厚生年金を受給することができないためです。 自営...
関連記事はコチラ



シェアする

フォローする

関連記事