無職から在宅ワークにより起死回生できた体験談

■提供者

メロン 様

■提供内容

約3年前、私は勤めていた会社が

店舗閉鎖のためクビとなりました

無職となり転職活動を行いますが

条件に合った仕事が見つからず、

金銭的にも逼迫した状態となって

途方に暮れていたとき・・・。

目についたのが“在宅ワーク”です。

“クラウドワークス”に登録して

“ライター”として生計を立てる

ことに決めたのです。

体験談

右も左も分からないまま、とにかく

手当たり次第に”タスク”と呼ばれる

募集を手当たり次第こなしました。

(募集定員に到達するまで誰でも

案件をこなすことができる募集)

しかし美味しい案件にはライバルも

多く、すぐに埋まってしまいます。

(早い者勝ちで、作業完了前でも

定員数に到達した時点で他の人は

作業ができなくなります)

タスクを探すのにも、作業にも

時間がかかるため、実質的には

1日8時間の作業でも”4000円”が

稼げればマシな方でした。

1週間、作業を続けたとしても

2万円の収入にしかなりません

しかし、毎日取り組み続けた結果

不特定多数の”クライアント”から

作業のスカウトが来るようになり

手数料を差し引いて、何とか月に

15~20万円の収入を得るように。

執筆ジャンルを自分の得意分野に

絞ることで時間の短縮に成功して

1日の実働時間も4~5時間前後と

私生活に余裕も生まれてきました。

さらに、私がクラウドワークスに

登録して10ヶ月ほど経った頃に、

“クイック出金”が実装されました。

時間があるときに、タスクなどの

案件をこなすことで、3日後には

指定した口座に入金がされている

急な出費に助かるサービスです。

現在、タスクの手数料が20%ほど、

クイック出金にも金額の3.5%など

高い手数料を取られてしまうために

以前ほど稼げなくはなっていますが、

クラウドワークスは誰でも登録可能。

“時間”さえあれば、確実にお金を

得ることができる上に、即時性も

あるため、紹介いたしました。

現在、タスクの”平均的な量”では

1000~2000文字が要求されます。

文字単価として0.2~0.5円ほど。

そこに20%の手数料が発生するため

2万4000字の執筆をして、ようやく

“1万円相当の収入”となります。

コツは、継続して記事の執筆依頼を

行っている方へ”直接”メッセージを

送り、報酬などを交渉すること。

単価の良い記事の執筆が行えます。

しかし、実績がないと断られる

ケースもあり、まずはタスクの

“実績作り”をオススメします。

クラウドワークス

公式HPはコチラ

クラウドテック

公式HPはコチラ

Bizseek

公式HPはコチラ

フィークル(支払い保証サービス)

公式HPはコチラ

当ブログはすべてフィクションです。

実践は自己責任でお願いします。

合わせて読みたいのはコチラ

■提供者 紫式部 様 ■提供内容 初めまして! 拝見する度に、まだ生きれる!と 改めて...
関連記事はコチラ



シェアする

フォローする

関連記事