国民健康保険が高い!安くするための方法

国民健康保険に加入しているからこそ受けられる恩恵は

非常に大きいものです。

風邪を引いて病院へ行くとだいたい2000円程度の

医療費が発生しますが、これは国民保険に加入していて

医療費の負担が3割で済んでいるためです。

国民健康保険へ加入していなかったら10割負担となり、

風邪で病院へ行くと約6670円掛かることとなります。

こうなっては大変ですから、国民健康保険の加入は

国民の義務の1つでもあるわけですが、保険料が高く

払っていくのが苦しいと感じている方も多いはずです。

生活が苦しくてどうしても国民健康保険を払えない

けれど、国民健康保険を手放すことになったらもっと

生活が苦しくなってしまうかもしれません。

実際に職を失ってしまった方などが保険料を支払えず

無保険になってしまうということもあります。

実は国民健康保険の保険料は安くすることができる

可能性があるものなのです。

国民健康保険を安くする方法

国民健康保険の保険料を安くしたいと考えている場合

窓口に相談に行くことで問題が解決する可能性があります。

条件さえ満たしていれば、納付の減免が行われるためです。

減免というのは保険料が安くなることや保険料を支払わなくても

良くなるということです。

国民健康保険は都道府県により納付の手続きや減免の

内容が変わるため一概には言えないものの、

失業していて収入がない場合や震災の影響がある場合

低所得で支払うことが困難な場合のような

支払う意思はあるもののどうしても支払えない場合には

国民保険の保険料を安くすることが出来るのです。

この相談は自分が住んでいる場所の市役所の窓口で

行われています。

すでに国民健康保険を滞納している場合には

相談に行くのが怖いと感じている方もいるかもしれません。

払う意思があれば計画的に支払うことができるように

しっかり手続きが行われていくので問題ありません。

国民健康保険の減免は自分から相談しなければ

減免が勧められるようなケースはほとんどありません。

滞納して遅延金が発生したり、国民健康保険を失う前に

出来るだけ早く窓口へ相談に行きましょう。

関連記事はコチラ



シェアする

フォローする