バーチャルアプリ【kyash(キャッシュ)】を利用して毎月2400円の臨時収入を得る方法

2400円あれば何をするでしょう。

“余分”に2400円あれば、

色々と使い道があります。

今回は、そんな2400円を無理なく

継続的に生み出す方法のご紹介。

kyash(キャッシュ)

公式HPはコチラ

以前、ご紹介をさせていただいた

“バンドルカード”に続く、次世代

バーチャルクレジットカードです。

質屋アプリ”CASH”とは表記が

違うだけで読み方は同じです。

このアプリもバンドルカード同様に

ネット上でカード決済が可能となる

バーチャルの電子マネーになります。

当然、Amazon経由で現金化も可能。

その場合、クレジット名義の入力を

“KYASH MEMBER”としてください。

ただ、それだけの魅力でしたら

バンドルカードだけで十分です。

このアプリの魅力は、上記のような

現金化ではなく、利用された金額の

一部を“還元”してくれるところ。

そして“リアルカード”の発行です。

実践方法

“kyash”を利用した買い物では

カード決済した金額の2%”

キャッシュバックされます

(月末締めの翌月末までに振込)

キャッシュバックについてはコチラ

以前、LINE Payの決済では3%の

キャッシュバックをしていました。

しかし、利用者が普及し過ぎたため

システムの改善後、2%へ減額され

最終的に廃止となってしまいました。

1%や2%とはいえ、日本市場に

おいては家計を左右するレベル。

しかし、無限増殖できる訳はなく

規定で上限が設けられております。

  • 1回の利用限度額上限3万円
  • 1ヶ月の利用限度額上限12万円

つまり、1ヶ月の間に”12万円分”を

kyashを利用してカード決済すれば

“12万円×2%分”の金額“2400円”

キャッシュバックされる仕組み。

1年利用すれば、2万8800円です。

また、もう1つの魅力はリアルカード

“kyash VISAカード”の発行でしょう。

このVISAカードは”実店舗”でも

利用することができ、プリペイド

ですので勿論、無審査発行です。

見た目はクレジットカードですので

“似非ホワイト”を演じることも可能。

また“kyash→Suica”のチャージも

キャッシュバックが適用されるため

その後“Suicaモバイル”を使用して

ポイントを稼ぐこともできます。

利用額に応じてポイント付加される

クレジットカードでチャージすれば

還元率“7%超え”も実現できたり。

使い道は人それぞれになります。

当ブログはすべてフィクションです。

実践は自己責任でお願いします。

合わせて読みたいのはコチラ

キャリア決済には、端末毎に "与信枠"が設定してあります。 与信枠とは、つまり利用可能枠。 ...
関連記事はコチラ



シェアする

フォローする

関連記事