外貨両替機の設置でインバウンド需要をゲットしよう

東京オリンピック開催で訪日外国人観光客が増えそうです。そんな観光客にとって現金は重要なツールです。

もちろんカード支払ができれば問題ありません。しかし、日本ではクレカ支払は海外ほど普及していません。

そこで需要が増えると思われるのが外貨両替機です。繁華街に外貨両替機を見ることがたまにあるでしょう。

一体、誰が使うのだろうかと思うかもしれませんが、外国人観光客は日本のどこでも見ることが増えました。

外貨両替機は盗難が怖いと思われるかもしれません。しかし、場所貸しだけならリスクはほとんどありません

しかも、手数料は1割程度と案外高めです。繁華街に建物を持つオーナーさんは必見の情報ではないでしょうか。

外貨両替機を増やそう

外国人観光客が増えています。アジア系の観光客は日本人と見分けがつきませんが、言葉でわかります。

買い物を多くするのでインバウンド需要が高まるでしょう。しかし、カードが使えないお店もあります。

手持ちの現金がないと買い物をあきらめるのは気の毒です。せっかくの旅行なので楽しんで欲しいです。

そこで手軽に両替できる外貨両替機の出番です。日本は多額の現金を持っていても危険はありません。

外貨両替機を設置したいメーカーも意外とあります。ビルオーナーの方はチェックして損はないでしょう。

リスクはメーカー持ち

外貨両替機に興味はあるけれど盗難などのリスクが高いと思われるかもしれません。

しかし、両替機のメーカーなどは設置場所を探しています。案外場所がないのです。

繁華街で外国人が往来する場所は有望です。実際に両替機メーカーが狙っています。

そんな場所にビルを持っているオーナーさんは、セールスを受けたかもしれません。

場所貸しだけなら盗難リスクはありません。もし問題が生じても被害は最低限です。

手数料は大抵10%なので、利用客が多い場所なら月収10万も十分狙えるでしょう。

ジュースの自販機よりお勧め

それなら、ジュースの自販機と変わらないじゃないか と思われるかもしれません。

しかし、ジュースの自販機は飽和状態です。実際に収益が見込めないのが実情です。

また、ジュースなどの自販機は電気代が高く、赤字になる可能性も否定できません。

しかし、外貨両替機なら温度管理が必要ないので電気代は月間3千円程度で済みます。

設置場所にもよりますが、1日100円のコストなら手数料で十分取り戻せるでしょう。

機械を買えばもっと高収益

リスクはありますが、外貨両替機を自社で購入すれば、両替手数料は総取りです。

土産物店を営業しているなら、店内に設置することで集客向上もできるでしょう。

メーカーのサポートも充実しているので、意外と簡単に設置できるのでお勧めです。

最後に当ブログはフィクションです。

実践は自己責任でお願いします。

合わせて読みたいのはコチラ

夏休みはどうお過ごしでしょうか。 お金と時間に余裕があれば、海外に 旅行でも行きたいのですが、今現在 手に...
関連記事はコチラ



シェアする

フォローする

関連記事