住宅ローンを活用し、不動産投資で利益を出している輩の手口

本来住宅ローンというのは住居用の不動産でしか利用できません。

住居の用の不動産のため、最安で0%台という破格の金利と最長35年の返済期間という有利な状況で借入ができるのです。

しかしながら、中にはこの住宅ローンを活用して、不動産投資をし利益を出している輩もいるようです。

今回は住宅ローンを活用し、不動産投資で利益をだしている輩の手口を紹介していきます。

フラット35を活用し、不動産投資を実行

このような手口を用いている輩はフラット35を利用し、不動産投資をしているケースが多いです。

フラット35とは政府と金融機関が連携した住宅ローン。

物件さえしっかりしていれば、多少返済能力に問題がある人でも審査に通過します。

政府は国民に対して、安定的に住まいを提供するためにこのような商品を金融機関と連携し、提供しているのですが、中にはこのフラット35を悪用する輩もいます。

ばれないための手口

このフラット35を悪用して、不動産投資をしている輩はバレないように工夫をしています。

具体的な手口は下記の通りです。

  1. 住民票を一旦フラット35借入物件に写し、審査に通過したら賃貸に出す
  2. 賃貸に出した後に、住民票を現在の住所に戻す
  3. 貸した後も表札は自分のままにしておく
  4. 「転送不要」の郵便物が届いた場合、自分の住所に送ってもらう約束を入居者とする

このようにフラット35で不動産投資をしている輩は工夫をし、バレないようにしています。

実際に2018年度末時点でフラット35の融資実行件数は約72万件、そのうち不正が発覚しているのは105件しかありません。

この手口を利用しているほとんど輩はバレていないということがわかります。

しっかりとした物件を購入してさえいれば、破格の条件でローンを借りることができ、なおかつ家賃収入も得ることができます。

当ブログはすべてフィクションです。

実践は自己責任でお願いします。

合わせて読みたいのはコチラ

クラウドソーシングのランサーズというのはご存知でしょうか? インターネット上で仕事の仲介を行うプラットフォームで誰でも匿名で仕事をする...
(Visited 229 times, 1 visits today)
関連記事はコチラ



シェアする

フォローする

関連記事