意外と知らない通帳残高マイナスでも引き落とし可能!

■ 提供者 匿名希望様

■ 提供内容:意外と知らない通帳残高マイナスでも引き落とし可能な方法!

残高マイナスになってもお金が引き出せる!

銀行の通帳を見たら、残高がマイナス!と

なっていたことはないでしょうか?

本来は、

預けただけの金額しか引き出すことが出来ないので、

残高がマイナス表記されることはありません。

普通預金しか持っていない場合、

通帳に残高がマイナスで表記されることはない。

銀行口座が総合口座の場合に残高がマイナスで表記される!

総合口座とは、通帳1つ様々な口座管理できる口座!

総合口座は、

自動融資機能(当座貸越)がついており、

普通預金で残高以上引き落とし発生した場合に、

定期預金担保として自動的融資可能!

通帳のマイナスはいくらまでOKか!

いくらまでお金を引き出せるかは、

銀行により多少上下がありますが、

基本的には定期預金残高90%(上限200万円)まで

お金を引き出すことが可能

注意点は、

マイナス分のお金は、

自分の定期預金から引き出されているわけではなく、

銀行から定期預金担保として融資してもらっていること!

融資してもらっているので、

当然、利息きますので、注意!

融資の利息はどれくらいか!

残高がマイナスになっている状態は、

つまり、銀行からお金を借りている状態、、、

マイナス残高の利息は、

一般的に定期預金の金利+0.5%

定期預金の金利は、0.002%程度なので、

マイナス残高の場合0.502%の利息がかかる、、、

銀行のカードローンなどでは、

金利が10%前後となることが多いため、

それに比べると非常に低いです。

自動融資機能(当座貸越)の上手い使い方!

自動融資機能(当座貸越)の上手な使い方は、

クレジットカード公共料金の支払い日に、

銀行口座に残高が足りなくても、

定期預金担保自動的融資をしてくれるので、

給料日前で残高不足であったりしても、

引き落としができないという事態を回避可能

利息は、日割り計算されるので、

一時的な金銭のやり繰りには、有効活用できると思います!

資金のやり繰りを、

上手に自動融資機能(当座貸越)を活用してください。

当ブログはフィクションです。

実践は自己責任でお願いいたします。

合わせて読みたいはコチラ

■ 提供者 資金繰りプロ様 ■ 提供内容:指定のサイトからの契約で現金2万円とpaypayボーナス1万円を手に入れる方法! ...
関連記事はコチラ



シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    知ってた

  2. 管理者 MK より:

    知ってたならええやんけ

関連記事