【そっきん】即時振込(先払い)~キャンセルまでの流れ

先日、ご紹介したアプリ”そっきん”。

質屋アプリの先駆けといえば "CASH"が浮かぶでしょうが、 対をなすアプリがコチラです。 そっき...

“CASH”と違う点は”振込上限”が

15万円という大盤振る舞いな部分。

しかし、クレジットカードの登録や

残高が影響することなど、不明点が

多々重なった結果、以下のよう形で

推測をして終わっておりました。

(クリックで拡大できます)

今回は再度、知人への協力を仰いで

上記推測に対しての正確な“答え”

分かりましたので、ご報告します。

調査結果

まず、撮影する商品に関しては

“正確な認証”はしておりません。

(認証させていないという方が

 正しいのかも知れませんが)

即時振込の”申請条件”として

クレジットカードは必須です。

前回は”利用残高”が不足していたため

途中で断念せざるを得ませんでしたが

今回は残高を確保して実践しました。

キャッシュ枠は約10万円でしたが

振込申請する金額は5万円と入力。

(利用可能枠が6万円のため)

そして、カード認証をクリアー後、

実際に5万円が振込されていました。

念のため、クレジットカードの

“利用枠”を確認してみたところ

“5万5000円”引かれていました。

以前の記事でも”推測”で書いた通り

恐らくはクレジットカードの残高が

未発送の“担保”となっているのです。

(10%を上乗せした金額)

しかし、実際に商品を購入した訳でも

何か契約をした訳でもありませんので

上記の決済が“オーソリ”であることに

その時点で気づきました。

ここで、以前ご紹介したオーソリを

削除する手法により、5万5000円の

取消をカード会社に依頼しました。

クレジットカード保持していない またはできない方も、保持できる 可能性も考慮してご覧ください。 ...

無事に5万5000円が利用可能枠に

戻ったことを確認後、そっきんへ

“発送キャンセル”を申請しました。

すると、以下のような返答が。

(クリックで拡大できます)

“CASH”とは違い、振込の完了後は

キャンセル受付はできないとのこと。

(当然、集荷依頼も取消できません)

案の定そのまま集荷依頼日を過ぎ

2日後に以下の内容が届きました。

(クリックで拡大できます)

オーソリ削除後、5万5000円は残高へ

戻りましたが、この”やり取り”の間に

Amazonギフト券へと消化してしまい

カード残高は”ほぼゼロ”の状態です。

そして翌日、以下のメッセージが。

(クリックで拡大できます)

再度、オンラインでカード残高を

確認すると、利用可能枠を超えて

5万5000円が飛び出していました。

残高”ゼロ”の状態で、どうやって

引き落としたのかと思いましたが

一度オーソリが入れば、削除後も

強引に引き落としできるようです。

これ以降、利用は控えてはいますが

“このアプリはクレジットカードの

利用可能枠から10%を引いて振込を

してくれる90%の現金化業者と同じ”

とういうことが結論づけされました。

当ブログはすべてフィクションです。

実践は自己責任でお願いします。

合わせて読みたいのはコチラ

質屋アプリの先駆けといえば "CASH"が浮かぶでしょうが、 対をなすアプリがコチラです。 そっき...
関連記事はコチラ



シェアする

フォローする

関連記事