ネットカフェを所持金0円で利用した夢の話

■提供者

りう 様

■提出内容

ネットカフェを所持金0円で

利用した夢を見ましたので

内容をお伝えいたします。

体験談

会社の寮を出され、冬の夜を

外で過ごすことになりました。

しかし、所持金はありません。

どうでもよくなり、その足で

ネットカフェへ向かいました。

時間一杯まで利用後、会計で

“支払いはデビットカードで”

と、カードを渡しました。

勿論、口座残高は0円のため

決済することはできません。

当然、現金を求められましたが

“今、持ち合わせがありません”

と、心から焦った表情・仕草で

店員へ訴えかけました。

店員とはいえど相手も人間、

私の誠意が伝わったようです。

“誓約書”を書いてください、と。

書式は”テンプレート”でしたので

マニュアル化しているのでしょう。

誓約書に記載する支払い期限は

“2週間以内”でも大丈夫でした。

電話番号を書く欄があり、延滞で

止まっているのを説明したところ

それも見逃してくれました。

結果、誓約書を書かされただけで

そのまま”外”に出ることに成功。

恐らく小さな規模の店舗だと

“誰か人を呼んでください”や

ATMまでついてこられたりと

外に出れなかったと思います。

私が夢で経験していた店舗は

“快〇CLUB”・”自〇空間”です。

2店舗とも利用料・食事代の

合計は4000円ほどでしたが

現在まで、踏み倒し中です。

二度と行けませんが・・・。

当ブログはすべてフィクションです。

実践は自己責任でお願いします。

合わせて読みたいのはコチラ

自己破産するか、踏み倒すか。 以前に投稿した記事になります。 借金を"踏み倒す"...
関連記事はコチラ



シェアする

フォローする

関連記事