個人再生体験談【2800万円→360万円】

■提供者

さくらじま 様

■提供内容

過去、私は精神疾患となってしまい

仕事(公務員)を休職していました。

休職中は”給料カット”となり

住宅ローンなどもあったので

経済的に苦しくなってしまい

“モビット”に手を出しました。

それからあらゆるサラ金・銀行に

借入を行い、残されたのは職場の

“共済組合”だけでしたが、それも

車の故障により150万円の借入。

さらに当時7枚ほど保持していた

クレジットカードも金券ねっとで

JCBギフト券を購入して、現金化。

まさに、火の車でした。

そのときの債務は2800万円に及び

私は“個人再生”に踏み切ったのです。

(途中、弁護士介入に時間がかかり

 矢のような催促電話に参りました)

私が行った個人再生の”再生計画”は

“360万円を5年で返済”というもの。

共済組合の借入は”担保がない”との

理由から”圧縮”され、住宅ローンに

関しては残すことができました。

結果的に、個人再生をしたことにより

“車・家・家財”すべてを失うことなく

約2400万円の抹消に成功したのです。

その後は、ブラックでありながら

エイワ・フクホー・AZの3社から

また借入をしている状況です。

当ブログはすべてフィクションです。

実践は自己責任でお願いします。

合わせて読みたいのはコチラ

この選択は究極といってもいい 債務者の誰もが通る分かれ道。 正直、どちらを選んでも正解です。 ...
関連記事はコチラ



シェアする

フォローする

関連記事