アメックスを高確率で作れるというDMに個人情報を渡すべきか

■相談者

金欠貧乏 様

■相談内容

ブラックでもアメックスカードが

高確率で作れると、SNSのDMで

“金融相談窓口”を紹介されました。

またカーローン・事業ローンも

高確率で審査を通すそうです。

もしご存知でしたら教えてください。

“個人情報”を提供することに

抵抗があり、躊躇しています。

回答

Facebook・TwitterなどのSNSで

“資金調達”や“アメックス紹介”で

検索される”ほとんど”は詐欺です。

目的は、個人情報(身分証含む)

手付金を詐取することです。

アメックスのカードを紹介を通じて

申込する方法は、以下の2つのみ。

  1. アメックス営業担当を介する
  2. ホルダーのインビテーション

営業担当を介す場合は、相談者様の

氏名と電話番号があれば十分です。

紹介元を通さずに、営業担当より

“直接”相談者様に連絡があるはず。

その後は、入会申込書の受け渡しを

郵送・手渡しのどちらかで行います。

営業担当も堂々と名刺を切って

部署と氏名を名乗るでしょう。

(決して渋ったりはしません)

インビテーションの場合も同様。

紹介であろうと、入会には必ず

“申込書”を提出する義務があり

個人情報を先に渡し、紹介者や

アメックスが代筆することなど

ありえません。

また、カーローンや事業資金に

対しても考え方は同じです。

“審査に通りませんでした”

言われてしまえば、終わり。

貧困者をカモにしている輩が

SNS上にはウヨウヨいます。

人生が困窮した状況のときほど

“美味しい言葉”に惹かれるかと

思いますが、冷静に判断される

ことをオススメいたします。

当ブログはすべてフィクションです。

実践は自己責任でお願いします。

合わせて読みたいのはコチラ

ヤフオクやフリマサイトなどで "情報商材"として出品されたり Facebook、TwitterなどSNSで 投稿さ...
関連記事はコチラ



シェアする

フォローする

関連記事