コロナ対策の融資制度で代表者貸付金を回収しよう

コロナウィルスで商売がうまくいかなくなった人も多いのではないでしょうか。特に飲食店はお客が急減しており被害は大きいはずです。

そんな人の中にはこれを機に廃業を考えるかもしれません。お店を開けているだけでも固定費がかかりますが、これでは回収できません。

でも、自腹で会社の資金繰りにつぎ込んだ「代表者貸付金」だけは回収したいですよね。そんな人にコロナ対策の融資制度がお勧めです。

新型コロナ関連の融資制度

経済産業省は新型コロナで資金繰りが悪くなった中小事業者に融資をしてくれます。この融資資金で自分の貸付金を回収できます。

対象業種は食堂やレストランなどと限定ですが、飲食店であれば該当します。早めに貸付を受けて自分の貸付金を回収しましょう。

融資の対象は、今までの災害関連の緊急融資より緩めみたいです。返済は最低限にして早めに廃業してしまい、踏み倒しましょう。

廃業のチャンスかも

飲食業をずっと続けていても、大手チェーン店には打つ手がありません。売上は減少し、将来の見通しは立ちません。

売上が減れば資金繰りが危険になる時があります。自分が貯めた虎の子貯金をお店につぎ込んだ店主も多いでしょう。

こうなると「貸付金」は戻ってきません。万策尽き果てて廃業すれば虎の子貯金も残高はなくなり、老後が不安です。

しかし、コロナ関連の借入資金で自分の貸付金を回収すれば、虎の子預金も復活します。借入金は踏み倒しましょう。

これでうまく廃業することができるかもしれません。千載一遇の大チャンスです。最後の大チャンスを使いませんか?

借金が溜まると気分が滅入ります。 時効ってあったなと思うかもしれません。 でも、消費者金融は先手を打ちます。 訴訟...

審査は甘いかも

この手の融資は審査が甘くなりがちです。今回はマスコミなどでコロナの影響を大々的に報じているので対応は急務でしょう。

この制度は経済産業省の下部組織である経済産業局が窓口みたいですが、融資の実務は各地の信用保証協会がやっています。

今まで融資制度を使ったことがない人も多いでしょう。近くにある信用保証協会に一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

ただ、廃業予定とは言わないでください。嘘でも今後も営業を続けると言うのです。廃業予定の事業に融資をしてくれません。

最後に当ブログはフィクションです。

実践は自己責任でお願いします。

合わせて読みたいのはコチラ

商売の鉄則って 知っていますか? ・ お客様第一 ・ 取引先重視 ・ 従業員厚遇 全部ウソです。 ...
関連記事はコチラ



シェアする

フォローする

関連記事