差押で何も差し押さえされない方法

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

借金を滞納してしまった場合、場合によっては差し替えになるケースもあります。

言葉だけ聞くと怖そうに感じますが、実はこの差押事前に知識があれば何も差し押さえないことも可能です。

今回は差し押さえの攻略方法を解説していきます。

生活や営業に影響がでるものは差し押さえできない

差し押さえと聞くとなんでも差し押さえられそうな気がしますが、実はそうではありません。

国税徴収法第75条に生活や営業に影響がでるものは差し押さえができないことになっています。

代表例としては下記が挙げられます。

  • 衣服
  • 寝具
  • 家具・家電
  • 生活に必要な3か月間の食糧
  • 業務に欠かすことができない道具や器具
  • 実印

この他にも差押できないものは多数あります。

全て生活や営業に使うものと主張する

ですので、差押されたくないものは全て生活や仕事で使うものだと主張しましょう。

例えば、

  • バイク・・ウーバーイーツで配達をやっているから仕事に必要だ
  • パソコン・・ライターを仕事でやっているから仕事に必要だ

などといった感じです。

理由をこねくり回して、生活や営業で使うものだと主張しましょう。

また、無駄にお金を持っている場合、全てを生活や営業で使うものを購入する方法もあります。

差押が終わったら、メルカリなどで売却することで差押されず、手元に現金を残すこともできます。

他人のモノということにする

差し押さえできるものは当然本人のモノだけです。

つまり、他人のモノは差押できません。

実際に差押になったときはひとまず、債務者の家にあり、お金になりそうなものは全て持っていかれます。

なので、後日知人や親族が差押されたものを「それは俺ので、貸していたものだ」といって、警察署にいくと返してもらえる可能性が高いです。

ひとまず取り返したいものは借りていたというていにすると差押されずにすみます。

このように差押は知識さえあれば攻略できます。

事前に知識武装し、差押に臨みましょう。

当ブログはすべてフィクションです。

実践は自己責任でお願いします。

合わせて読みたいのはコチラ

借金は一度してしまうと返済するのが難しい状況になってしまうことも少なくありませんよね 返済してもなかなか借金が減らないという経験をした...

関連記事はコチラ



シェアする

フォローする

関連記事