カメラのレンズで多額の現金化ができます

野球中継などで打者を狙うカメラを見ることがあるでしょう。

白レンズが多いですが100万以上するキャノンのレンズです。

高価なレンズですが、「必要とする」人は少なくありません。

中古市場でも値段は下がらず、いい値段がします。

ここで勘のいい人ならピンと来たかもしれません。

カメラのレンズは、現金化のネタになるのです。

多額な資金を必要とする事業主の方は必見です。

カメラの知識はあまり必要ありません。

人気のあるレンズは、ほんの一部です。

カメラのレンズは高い

写真愛好家と呼ばれる人々の持つカメラはプロアマ変わりません。

アマチュアのカメラも、野球中継でプロが持つカメラと同じです。

レンズとボディは別売で、ペアで買うと200万を超える買い物です。

現金化を必要とする人には縁か遠い世界です。

でも撮れる写真はスマホとは格段に違います。

ただ200万の価値があるかどうかは別ですね。

そんなレンズが多額の現金化のネタになります。

換金割合7割越えも

野球中継でプロが持っているレンズはこれです。

量販店ではポイント控除後で約130万します。

買取店の買取額は96万とかなりの高額です。

換金率は74%と、ヴィトンをはるかに上回ります。

高額の現金化が必要な事業主の方にお勧めできます。

この最新機種はいつも人気があり、買取率も高いです。

もちろん信販会社からの警戒は、商品券より低いです。

モデルを間違えると一気に5割台

ただ、モデルを間違えると、一気に換金率が落ちます。

人気機種でも一回り小さいこれは買取価格が落ちます。

量販店の価格も先ほどのレンズの半額程度でしょう。

しかし買取価格は3分の1の30万弱とかなり落ちます。

買取率は、292,050÷582,840と、なんと50%です。

新発売モデルは換金率も高い

こんなに差が出るのは、発売時期と世代が違うからです。

機種番号を見比べると大きな方はⅢ、小さい方はⅡです。

両者の買取価格が違うのは、当然と言えば当然でしょう。

カメラ知識が少しあればこの違いはすぐ分かるはずです。

でも知識がなくても野球中継レンズなら大丈夫でしょう。

最後に当ブログはフィクションです。

実践は自己責任でお願いします。

合わせて読みたいのはコチラ
カメラで現金化

関連記事はコチラ



シェアする

フォローする

関連記事