お金がなくても食料を確保できる方法

給料日前の金欠は、七福神で解決可能でしょう。

でも、失業したら収入が途絶えてしまいます。

水道やガスは止まり、住居からも追い出されてしまいます。

でも一番怖いのは食料不足ではないでしょうか。

食べるものがなければ生きてはいけません。

そんな人のため全国にフードバンクがあります。

フードバンク

日本国内には、大量の食品が溢れています。

しかしその何割かは捨てられているのです。

日本は輸入しているのにもったいないです。

その中に食べても問題ないものがあります。

その食品をお金がない人に提供するのです。

この団体のことをフードバンクと言います。

個人も食品を提供してもらうことができます。

困ったら、一度相談してはいかがでしょうか。

手続が必要

フードバンクも無制限に食品の提供をしていません。

市役所などの証明が必要な場合がほとんどでしょう。

全く仕事ができず、生活保護を申請する人は別です。

しかし、仕事を得る見込みがある人ならお勧めです。

市役所なども、生活保護の申請より前向きでしょう。

フードバンクに相談して聞いてみるのもいいでしょう。

ちょっと信じられない・・・

では、どんな食品が提供されるのでしょうか。

最近は、広報の賜物か食品の提供が多いです。

少し見ただけでは「期限切れ」とは思えません。

でも、提供されなければ捨てられていたのです。

売られててもおかしくないのに信じられません。

そんな食品がフードバンクに提供されています。

食事の心配から逃れられる

失業して一番心配なのは食事ではないでしょうか。

水道光熱費や住居費は、相談して何とかなります。

最終的には、ホームレスという手もあるでしょう。

でも、食べ物がなければどうしようもありません。

確かに飲み水は、公園などで何とかなるでしょう。

でも、公園で食べ物を探すことはできないのです。

人生再出発

食事の心配がなくなったら気持ちが落ち着くでしょう。

気持ちが落ち着くと、何かといい方向になるものです。

失業すると気分が滅入り、将来の不安が増幅されます。

でも、フードバンクのおかげで不安が少なくなります。

これで人生再出発のきっかけがつかめるといいですね。

この世の中、思うほど悪いことばかりではないのです。

最後に当ブログはフィクションです。

実践は自己責任でお願いします。

合わせて読みたいのはコチラ
後払いサイトまとめました【食料品特集】

関連記事はコチラ



シェアする

フォローする

関連記事