自分からコロナになって、生命保険でお金を貰う輩の手口

新型コロナウィルスにより、外出自粛で困っている方も多いでしょう。

しかしながら、中には生命保険目当てで外出しまくり、お金をもらう輩も出てきました。

今回は自分からコロナになって生命保険をもらう輩の手口を紹介していきます。

医療保険に複数加入し、コロナで入院する

このような輩の手口は下記の通りとなります。

  1. 入院日額1日1万円の保険を複数口加入する(1口数百円~数千円程度)
  2. コロナにかかるため、外出しまくる
  3. コロナ陽性になる
  4. 指定の病院などに入院する
  5. 保険金を申請し、受給
  6. 受給後解約する

コロナは無症状であればほとんど症状がでず入院できます。

ですので、逆手をとってわざと入院する人も増えています。

若年層であれば低リスクで入院でき、上手くいけば数万円や数十万円のお金を手にすることができます。

手っ取り早くお金が欲しいという輩には最適な手法ともいえるでしょう。

他にも有利な制度を活用できることも

コロナになって得するのは生命保険だけではありません。

他にも様々な制度を活用できます。

例えば、サラリーマンとして働いている方なら下記の制度を利用できます。

国の制度はもちろんのこと、各自治体も様々な補助を出しているケースが多いです。

コロナになると実は得することも多いため、このようにわざとコロナにかかり様々な生命保険や助成金をせしめる輩もいます。

あまりコロナ患者に優遇しすぎるもの考えものかもしれません。

当ブログはすべてフィクションです。

実践は自己責任でお願いします。

合わせて読みたいのはコチラ

コロナ対策で公共料金の猶予ができることは前回の記事で説明しました。 実は猶予できるのは公共料金だけではありません。 各種税金や社...
(Visited 749 times, 3 visits today)
関連記事はコチラ



シェアする

フォローする

関連記事