宝くじを控除率の観点から、購入に悩む無職

サマージャンボ宝くじ当選金

一等前後賞合わせて7億円

サラリーマンが稼ぐ生涯賃金が

2億5000万円といわれている今

夢のような確率でありながらも

夢の生活が送れるのも事実です。

しかし、本当に宝くじの当選率は

“夢のような確率”なのでしょうか。

宝くじに対しては思う節があり

どうしても身銭を切ってまでは

購入しようと思いません。

その理由の1つが控除率・・・。

控除率(ハウスエッジ)

宝くじや、その他ギャンブルの

“控除率”はご存知でしょうか。

“ハウスエッジ”とも呼びます。

ギャンブルには必ず胴元がいます。

胴元も慈善事業ではありませんので

運営していく上で、最低限の利益

少なからず必要となってくるのです。

あからさまに”儲かりません”と

大っぴらに宣言をしてしまえば

誰もギャンブルに参加しません。

ですので、あらゆるギャンブルは

“いくらかは必ず負ける仕組み”

必ず組み込まれているということ。

そして負けた際、胴元の懐に入る

収益のことを“控除率”と呼びます。

例えば、パチンコ店の控除率は

一般的に15%といわれています。

仮に1万円でパチンコを楽しんだ場合

最終的に8500円は手元に残りますが

1500円は店側に支払ってください。

と、いう解釈になります。

勿論、何倍も儲かる方もいますし

1円も残らない方もいるでしょう。

控除率は全体の”平均値”になります。

パチンコ・スロットが15%という

控除率に対し宝くじの控除率は

55%”という異常な数値です。

世界中を探しても、控除率50%を

超えるギャンブルは存在しません。

外国に言わせれば、日本の宝くじは

ギャンブルですらないそうですが。

違法賭博・ギャンブル依存症以前に

この宝くじこそが、胴元に国を置く

“ぼったくりギャンブル”というべき。

少し話が脱線してしまいましたが

日本のすべての公営ギャンブルは

“還元率が50%を超えていけない”

という法律が作られています。

還元率は控除率と正反対の言葉です。

控除率に置き換えて解釈すれば

“控除率を50%以上にしなさい”

と”独裁的”な表現に聞こえます。

パチンコはホール・景品・換金の

方式で”法の抜け道”がありますが

宝くじには”それ”がありません。

日本が公認しているのが理由です。

公認のギャンブルだからこそ

堂々と”ぼったくり”できます。

この控除率を考えず、ギャンブルに

没頭されるのであれば、それも良し。

ただ”話題作り”に購入するのも良し。

しかし、これだけは言えるでしょう。

人が作っている仕組みには、必ず

控除率・還元率が関わってきます。

この世界すべての物事・事象に

ボランティアなど存在しません。

チャリティーでさえビジネスです。

宝くじを購入する予定のそのお金

本当に他に使うべき用途がないか

もう一度、考えてみませんか。

当ブログはすべてフィクションです。

実践は自己責任でお願いします。

合わせて読みたいのはコチラ

FXとは他国の通貨を売買して "利益"を出すことをいいます。 "1ドル=100円"のときに購入して ...
(Visited 35 times, 1 visits today)
関連記事はコチラ



シェアする

フォローする

関連記事