ヤミ金と関係を持ち銀行口座が凍結されてしまった。対策方法を知りたい

■相談者

はなび様

■相談内容

10年以上前にヤミ金と関係を持ち、支払いに追われ銀行口座を支払いとして渡してしまいました。それから次々と自分の銀行口座が凍結しました。

それから今まで銀行口座を作れずに、苦しい日々を送っています。

警察に行っても、打てあってもらえません。

試しに10年以上たった今銀行口座を申し込みしましたが、やはり作れませんでした。

これから一生作れないと思うと不安です。なにかいい方法ありませんか?

回答

銀行口座を他人に渡す行為は犯罪収益移転防止法または詐欺罪にあたる犯罪行為です。

渡してしまった口座は振込詐欺やオレオレ詐欺などの詐欺行為に利用されており、現在凍結されているという状況かと思います。

この場合、大前提として銀行口座を再び作るということは簡単ではありません。

しかしながら、全く希望がないというわけでもありません。

まずやるべきは「法テラス」に相談してみてください。

法テラスとは国によって設立された法律の相談センターです。

無料で現在の状況を相談をしてもらうことができます。

現在の状況を詳しく説明した上で、最適な弁護士事務所や司法書士事務所を相談してもらいましょう。

公式ホームページはコチラから

もし、法テラスで有効な回答を得ることができなくなった場合は闇金専門の弁護士事務所や司法書士事務所に直接相談してみてください。

日本闇金解決センターは闇金対応で有名な事務所です。

こちらの活用も検討してみてください。

法テラスや弁護士事務所や司法書士事務所を活用する方法は口座凍結の申請者に直接依頼する方法です。

しかしながら、今回のケースの場合、警察が口座凍結の申請をしている可能性も高いです。

この場合はこちらの方法を利用してもあまり効果を期待できません。

もし、警察が口座凍結の申請をしている場合は下記の3つの方法をとることをおすすめします。

  • 地元の小さな規模の金融機関に口座を開設してみる
  • 小規模のネット銀行に口座開設をしてみる
  • 外国の銀行口座を開設する

確率は低いですが、銀行によっては事情を話せば口座を開設できるケースもあります。

複数の金融機関に相談して、少しでも確率をあげていくことをおすすめします。

再三になりますが、このケースで銀行口座が凍結した場合、再び銀行口座をつくるというのは簡単なことではありません。

そのため、やれることは全てやってみることをおすすめします。

当ブログはすべてフィクションです。

実践は自己責任でお願いします。

合わせて読みたいのはコチラ

匿名の銀行口座が1つあれば、 "何か"と便利なことでしょう。 その"何か"は人それぞれですが。 ...

(Visited 454 times, 1 visits today)
関連記事はコチラ



シェアする

フォローする

関連記事