緊急小口資金は金融ブラックでも融資OK

新型コロナウィルスの影響で生活に困っている人にお金を貸し出す緊急小口資金。

政府がお金を貸しているだけあって、金融ブラックでは借りられないのでは?厳しい条件があるのでは?と考えている人も多いです。

しかしながら、実態は審査がゆるゆるで金融ブラックでも審査に通過します。

今回は緊急小口資金について紹介していきます。

緊急小口資金とは?

緊急小口資金とは厚生労働省が新型コロナウィルスの影響で収入の減少があった人に対して緊急的に貸し出しをしている資金です。

公式サイトはコチラ

20万円を上限として、無利子・無担保でお金を借りることができる制度です。

原則10万円ですが、下記の要件を満たすことで20万円まで借りることができます。

  1. 世帯員の中に新型コロナウイルス感染症の罹患者等がいるとき。
  2. 世帯員に要介護者がいるとき。
  3. 世帯員が4人以上いるとき。
  4. 世帯員に新型コロナウイルス感染症拡大防止策として、
  5. 臨時休業した学校等に通う子の世話を行うことが必要となった労働者がいるとき。
  6. 世帯員に風邪症状など新型コロナウイルスに感染した恐れのある、
  7. 小学校等に通う子の世話を行うことが必要となった労働者がいるとき。
  8. 上記以外で休業等による収入の減少等で生活費用の貸付が必要なとき。

また診断書などを提出する義務もなく、全て自己申告となっています。

ですので、家族に新型コロナウィルスに感染したという嘘の自己申告をして、20万円を借りているケースもあるようです。

1円でも収入減少していれば借りられる

借り入れの条件は「新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、休業等による収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯」となっています。

貸付の要件において「収入の減少の程度は問わない」とされています。

つまり、1円でも収入が下がっていれば、OKです。

また、新型コロナウィルスの影響と記載されていますが、正直なところ、新型コロナウィルスの影響を受けてなくても借りることができます。

審査は甘く、金融ブラックや任意整理中でもOK

緊急小口資金は審査は非常に甘く、金融ブラックや任意整理中の方でも借りられます。

厚生労働省の問答集で下記の通り回答がありました。

Q,緊急小口資金の特例貸付において、償還能力が乏しい者に貸付を行って良いか。

A,「緊急小口資金の申込については、過去の貸付を受けた際に著しく不誠実な対応をした者を除き、償還能力を厳密に審査するのではなく、柔軟に貸付を行っていただきたい。」

つまり、ほとんど場合は貸していいよ。ということです。

ですので、金融ブラックや任意整理中の方でも審査に通過することは少なくありません。

条件を満たしていれば現金化業者よりも簡単に借りることができるでしょう。

入金スピードも速く、最短1週間程度

お金に困っている人に緊急的に貸し出す資金だけあって、入金スピードも迅速です。

目安は2週間ですが、書類に問題がなければ最短1週間ほどで着金するようです。

審査も甘く、入金スピードも速いため、お金に困っている人はぜひ活用したい資金ですね。

当ブログはすべてフィクションです。

実践は自己責任でお願いします。

合わせて読みたいのはコチラ

■相談者: うみもり様 ■相談内容: いつもブログを拝見し色々な情報を享受していただき非常に助かっております しかし...
関連記事はコチラ



シェアする

フォローする

関連記事