楽天、アコムを滞納し、どうしようもならない状況だが、金策したい

■相談者  きのした様

■相談内容 

突然のご相談失礼致します。
ありとあらゆる金策をしましたが、数年前に携帯購入詐欺に遭い、二社は支払い終えましたが1社は踏み倒しをしております。
同時に楽天、アコムを滞納しており、どうにもならない状態のため、藁をも下がる思いでご連絡させて頂きました。
ブログを拝見させていただき、できることは全てやりましたが、もし他に何か手段があればと思いご連絡させて頂きました。

回答

楽天、アコムを滞納されているということで、他の金融からお金を借りることができず厳しい状況かとお見受けします。

このような状況ではコロナ対策制度を利用することをおすすめします。

コロナ対策で現在政府から大盤振る舞いの対策がでています。

これらの対策は実はコロナの影響を受けていなくても、問題なく使えます。

まずは下記のものを使えないかどうか確認してみてください。

公共料金の支払い猶予

電気・ガス・水道の支払いを猶予できないか支払い先に確認してみましょう。

政府はコロナで生活が苦しくなった人に公共料金の猶予させることを事業者に要請しています。

例えば、東京水道局であれば最大4か月の水道料金を猶予してくれる仕組みがあります。

ですので、各公共料金をまず4か月間猶予してもらうように各事業者に要請しましょう。

国税・社会保険料の猶予

国税や社会保険料についても最大1年間を猶予できるようになっています。

また延滞金や延滞税についても減税や免除する方向で話が進んでいますので、大きな負担になることはありません。

長い期間猶予できますので、金策という面では大きいといえるでしょう。

こちらはお近くの税務署に問い合わせしてみてください。

緊急小口資金の活用

コロナで収入が下がった人に対して最大20万円の融資をする緊急小口資金というのもあります。

実は「コロナで収入が下がった」といっても、程度は問われません。

つまり1円でも収入が下がっていたら対象となるのです。

しかも、結構審査がざるなので、多少のごまかしはききます。

下記の記事に詳細が記載されていますので、こちらの記事もご確認ください。

新型コロナウィルスの影響で生活に困っている人にお金を貸し出す緊急小口資金。 政府がお金を貸しているだけあって、金融ブラックでは借りられ...

当ブログはすべてフィクションです。

実践は自己責任でお願いします。

合わせて読みたいのはコチラ

■相談者: うみもり様 ■相談内容: いつもブログを拝見し色々な情報を享受していただき非常に助かっております しかし...
関連記事はコチラ



シェアする

フォローする

関連記事