返品は最後の手段?

クレカ現金化の方法は、ネットに載っています。

しかし、現実的でない方法も少なくありません。

でも、一通りやった人は別の方法も必要です。

そんな人にお勧めの方法として返品があります。

お店では白い目で見られるかもしれません。

理由を問い詰められる可能性もあります。

しかしクレカ現金化の最後の手段と言えます。

返品で現金化ができる

クレカ現金化は購入した商品を買い取ってもらうことで資金化します。

たいてい買取価格が安いので、「買取率」という数字が重視されます。

しかし、この買取率を100%にする方法として返品があります。

買った商品を返すのであれば、その返金額も同額のはずです。

カードを忘れたからと言えば現金で返金される場合があります。

必ずしも成功するとは限りません。

でも、最後の手段になりそうです。

nanaco支払で返品

非現実的というニュアンスで紹介されている方法です。

nanacoにクレカでチャージしてからレジで返品します。

通常の返品ならばクレカを出せと言われるでしょう。

しかし、nanacoなのでクレカを出しようがないです。

10円コピーを5千枚と入力し、ストップするようです。

返金シートが出力されるためレジに持って行くのです。

これだけで5万円の現金化ができるという次第です。

セブンの現場では本当に現金返金しているようです。

ただし、やりすぎはブラックリストなので要注意でしょう。

百貨店で返品

まず、百貨店でヴィトンを購入しクレカで支払います。

その後しばらくして「やっぱり返します」と言うのです。

クレカは「自宅に置いてきました」と言うのでしょう。

ただ、このパターンでは現金返金してくれません。

どの百貨店でもクレカ支払はクレカ返品だけです。

支払に使ったクレカがないと相手にもされません。

結局現金化はできず買取店に頼ることになります。

だから最後の手段

結局、返品で現金化する方法はプリカによる返金しかありません。

クレカチャージ後の返品が前提であることは言うまでありません。

また、nanacoでなくてもSuicaのクレカチャージでも同じようです。

もっとも、混み合うレジなどで返品するのは気が引けます。

とはいえ、空いている時は何かといろいろと聞かれそうです。

できないことはないでしょうが、お勧めの方法ではないです。

最後に当ブログはフィクションです。

実践は自己責任でお願いします。

合わせて読みたいのはコチラ
Qoo10でキャンセルしたら100%現金化できてしまった体験談

関連記事はコチラ



シェアする

フォローする

関連記事